株主・投資家の皆様へ

ごあいさつ

写真:株式会社プラッツ代表取締役社長 福山明利

株主の皆さまには、平素より格別のご支援を賜わり、厚く御礼申し上げます。

当社当社第25期(平成28年7月1日から平成29年6月30日まで)の事業の概況と決算につきまして、ご報告申し上げます。

当期の連結ベースの業績につきましては、平成30年の介護保険制度改正において福祉用具貸与の原則自己負担が見送られたほか、平成29年1月に発売した介護用電動ベッド「ラフィオ」の売れ行きが好調だったことなどを背景に、福祉用具流通市場の販売実績が前年同期を上回ったことで、同市場の売上高は3,984百万円(前年同期比18.0%増)となりました。また、高齢者施設市場においては、新規獲得の注力など営業戦略の強化が功を奏し、同市場の売上高は768百万円(同37.4%増)となり、当社グループの売上高は5,071百万円(同19.6%増)となりました。

利益面では、前期に比べ為替レートが円高傾向だったことから当社グループの売上高総利益率が改善したことに加え、売上高が前年同期比で増加したことで営業利益は203百万円(同744.6%増)となりました。また、持分法適用関連会社に係る持分法による投資利益と為替差益を計上したことから、経常利益428百万円(前年同期は20百万円の経常損失)、親会社株主に帰属する当期純利益349百万円(前年同期は14百万円の親会社株主に帰属する当期純損失)となりました。

また、当期の利益配当につきましては、当社の配当方針に基づき、1株当たり96円となりました。

今後の当社グループの事業展開につきましては、中期経営計画に基づき、「高品質・高機能・低価格」の徹底と商品ラインナップの拡充により国内営業力の強化を行っていくほか、中国市場での販売を強化することで、企業価値の向上に努めてまります。

代表取締役社長
福山 明利